ストレスが要因となる障害|自分という存在を認めてあげよう|適応障害の実態
婦人

自分という存在を認めてあげよう|適応障害の実態

ストレスが要因となる障害

診察

ストレスから離れましょう

現代は女性の社会進出や高齢化社会となったことから、男性のみならず女性やお年寄りの方たちまでも多くの方が日々働いている状況です。そのような状況下でストレスにさらされる機会が多くなり、心身ともに健康を害することが比例して多くなっているのです。精神的な病気の中に適応障害と呼ばれるものがあり、一度は耳にした方もいるのではないでしょうか。この適応障害とは、社会的もしくは心理的なストレスが要因となって精神面や行動面に何らかの問題が生じてしまうことを指します。適応障害になった方、またはならないように予防するにはストレスを強く感じる場所から一旦距離を置くことが大切です。これは俗にいう甘えや逃げというようなネガティブなことではなく、心身の健康のためには必要な治療法なのです。ストレスを強く受ける環境から離れて心身をリラックスさせることが大事で、十分な睡眠と休養が必要になります。このときは自分のことを一番に考えて、周囲のことは気にせずにゆっくりと休むことがいいのではないでしょうか。

症状と治療

適応障害の症状は一般的に気分の落ち込みや強い不安感などの心理面と、頭痛や暴飲暴食などの身体面と行動面に現れます。以前はそんなことなかったのに、気分や行動のバランスが崩れているかもしれないと感じたら一度診察を受けることをお勧めします。強いストレスによって心身が何らかのシグナルを出している可能性もあり、ひどくなる前に対処することも大切ではないでしょうか。治療法は休息と薬の投与、カウンセリングなどの観点から行われることが多く、適応障害の症状は個人差があり、一様に同じ治療法が当てはまるとも言い切れないので専門医とよく相談した上で決める必要があります。また治療期間は短く半年もかからずに改善され、普段の生活に戻りやすいといえるでしょう。また治療法をうまく取り入れて、スムーズに治療が進むように心がけましょう。ストレスに強い耐性をつけ頑張り過ぎないこと、自分の時間を大切にすることも必要です。