自分の心に嘘はつけない自分自身と会話しよう

自分という存在を認めてあげよう|適応障害の実態

心の病にを治すには

頭を抱える女性

適応障害は、環境に適応できずに心身両面に不調をきたす病気です。重症化させないためにも、早期の段階で精神科や心療内科を受診することが大事です。早期であればある程、治療にかかる期間を短くすることができます。治療内容としては、適応力を高めるカウンセリング治療や情緒面の不調を改善する投薬治療などがあります。

詳細へ

新しい環境になじめない

ドクター

特定のストレスが原因

春になると、進学や就職・転勤などで新しい出会いがあります。また結婚したばかりの人も、配偶者との新生活で今までのお付き合いでは気が付かなかった相手の一面が見えることで驚きやストレスになることもあります。適応障害とは、こういった進学や就職・転勤・結婚・引越しなど、新しい環境や人間関係などにうまく適応することができず、うつ状態に似た症状が起こる病気です。うつ病と違う点は、うつ病の場合は長期的に憂鬱な気分や不安症状などが継続して起こりますが、適応障害の場合はストレスの原因がはっきりしていて、その原因となるストレスから離れているときには別段症状が現れないという特徴があります。適応障害という名前から、適応能力が低いことや、わがまま・神経質などと誤解を受けることが多いものですが、そうではなく特定のストレスが原因となって新しい環境に適応できないという症状です。適応障害になると、ストレスを受けていると憂鬱や不安といった精神的な落ち込みという症状や、イライラしたり攻撃的になるなどといった症状も現れます。

ストレスに過敏になる

適応障害になると、情緒的に不安定になる他に、不眠や食欲不振・倦怠感・頭痛・嘔吐・肩こりなどの身体症状が現れることがあります。また、特に問題となるのが社会的に問題となる行動を起こすことや、言動などが現れることです。イライラや暴力といった攻撃的な行動の他に、遅刻や欠勤・早退といった社会人としてのマイナス的な行動を起こす人もいます。過度な飲酒によりアルコール中毒になったり、ギャンブルに手を出してギャンブルがやめられなくなるなど、社会的機能の悪化から対人関係や仕事に支障をきたすこともあります。適応障害と診断を受けたら、ストレスの源を特定し、ストレスから遠ざかることが大切です。環境を整え、医師とのカウンセリングや薬物療法などを行う事で、適応障害は回復に向かいます。環境を整えることが難しい場合は、なるべくストレスから遠ざかる工夫を行う事や気分転換を心がけ、ストレスをためないよう生活することを考えましょう。一人で悩まずに、友人や家族・医師などに相談し、自分を追い詰めないようにすることが大切です。

ストレス疾患の対処法

看護師

適応障害が疑われる場合には、精神科や心療内科を受診して相談することが大切です。受診した際には、症状やライフスタイルについて医師に正しく情報提供をすることで効果的な治療につながるため、事前にメモにまとめて持参すると安心です。放置すると重症化する可能性もあるので、早期に適切な治療を受けましょう。

詳細へ

精神科・心療内科の症状

病院

適応障害は、心理社会的ストレスから発症する、社会に上手く適応できない病気です。真面目で責任感の強い人がかかりやすい傾向にあります。就職・進学など新しい環境にうまく適応できず、心的ストレスによって精神が不安定な状態になります。治療には原因となる環境から距離を置くことで、周囲の人間の協力も不可欠です。

詳細へ

今までと違う生活で

スーツの人

適応障害は、新しい環境に適応できないことで引き起こされます。その症状はさまざまで、人によって全く異なります。時間が経つことによって症状が緩和されることもありますが、うつ病などの精神疾患に進行するケースも多いです。早めの対策が大切です。

詳細へ

ストレスが要因となる障害

診察

現代のストレス社会では、性別年齢問わず適応障害に悩まされている方が多くいます。それは心理面、身体面や行動面などに現れその症状はさまざまです。そのため専門医と相談し、必要な治療法を受けるようにしましょう。

詳細へ